SNSでストレスを感じたら、卒業のサイン?

SNSから卒業する効果的な方法

SNSから、そろそろ卒業してみる?

友人や知人へ気の利いたコメントをしなければいけないといったような義務感や、自分の投稿へのコメントや反応の少なさから感じる虚無感だったり。 ふとした時に、SNSでの気疲れを感じている方もいるのではないでしょうか? 本来なら楽しく便利な場所であるべきのSNS。こう感じてしまうのは、もったいないですよね。

SNSで疲れた経験はありませんか?

SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)が、わたしたちの生活の一部になってから、すでに25年ほどが経ちました。
インターネットの普及が始まってから、時代とともに進化してきたSNS=社会ネットワークサービス。
世界中のどこにいてもインターネット上で、人とのネットワークの構築が可能で、個人間のコミュニケーションができるという便利なサービス。
気がつけば、SNSのアカウントが両手で数え切れないほどに増えていたということも少なくはないのではないでしょうか?
また、世間の流れにのってSNSのアカウントを開設をしてみたものの、まったくさわっていない眠ったままのものがある方もいるのでは?
最近、「SNS疲れ」や「SNS鬱」などと言った言葉が問題になっているのをご存知ですか?
文字のとおり、SNS上のコメントや情報、そして、SNS上の友人や他人との人間関係ややりとりが、疲れや鬱の原因となってしまっていることを、「SNS疲れ」や「SNS鬱」と言います。
心ない他者からのコメントで傷ついたり、人間関係に踏み込みすぎてしまったり、見えない誰かと口論になったりと、直接起こった何かしらの出来事で疲れてしまっている方もいるかもしれません。
また、SNSをチェックしないと落ち着かなかったり、自分の投稿に誰かが反応してくれないとさみしくなってしまったりと、精神的な問題で結局は自分が疲れてしまっているというパターンもあるかと思います。
そんな「SNS疲れ」を感じたら、SNSから距離を置いてみるいい機会かもしれません。

こんな風に感じていたら、SNS卒業時かも

一人一台スマートフォンが必須になった現代。 パソコンでもスマートフォンでも、どこにいても「つながる」ことができるSNSは、使い方次第ではとても便利で素敵なものです。 でも、もしSNSによってストレスを感じてしまっているなら、SNSとのつきあい方を見直す必要があります。

SNSからの卒業

SNSから上手に、そして効率よく卒業するには、具体的にはどうすればいいのでしょうか? 誰にも何も伝えずに、アカウントをクローズしてしまいますか?それともある程度の下準備をしてから? 大切な人に必要以上に心配をかけないように、できればスマートに、そして円満にSNSから卒業したいですよね。